奥二重を活かすメイク術!アイシャドウのポイントは?

奥二重を活かすメイク術!アイシャドウのポイントは?
この記事の所要時間: 341

日本人に多く、悩んでいる人も多い奥二重。優しい目元ですが、目が小さく見えやすいのが難点・・・そこで今回は、アイシャドウを上手に使う事で奥二重を活かしたメイクが出来ちゃうんです!

そんな奥二重の方のメイク方法は本当にオススメ!是非この記事を読んでアイシャドウの使い方をマスターして下さい。

スポンサードリンク

どんなアイテムを選べばいい?

奥二重 オススメ アイシャドウ

奥二重さんのキーポイントは目元をスッキリ見せること!ピンク系やイエロー系は膨張して見えやすいので、カワイイ雰囲気を演出するには向いているけど、やや目が小さく見えがち。

ブルー&ブラウン系がオススメ

ブルー系やゴールド系、ブラウン系の方が引き締まって見えるのでオススメです!また、単色や2色タイプのアイシャドウは横幅が強調されやすいので、3色以上のものを選びましょう。

ヨレは大敵!アイシャドウを塗る前にプラスワン

ヨレは大敵!アイシャドウを塗る前にプラスワン

奥二重さんはまぶたが重めなので、アイシャドウがヨレやすいのが悩み。アイシャドウをつける前にアイシャドウベースや化粧下地をまぶたにもしっかりつけるのがポイントです!

このように最初にしっかりと下地を作る事でメイクが終わった後の完成度も大きく変わってくるんですよ。

アイシャドウの塗る場所は!?

今回は、メイク初心者さんにもわかるようにアイシャドウの塗る場所についても詳しく紹介したいと思います。基本的にアイシャドウを塗る場所は、アイホールと呼ばれる場所に塗っていきます。

アイホール 場所

アイホールは、画像の斜線で囲まれてる部分の事を指します!目頭と目尻を半円状に囲んだ場所がアイホールです。自分のアイホールの場所が良く分からない人は、自分の眉の中央を上に引き上げて下さい!

そうする事で「くぼみ」が出来るのでその部分までがアイホールになります。

アイシャドウの塗る場所が悪い場合や間違ってる場合は、メイク全体のバランスが崩れてしまってメイクが完成した時のバランスが非常に悪くなってしまうので、自分のアイシャドウの塗る場所がおかしくないか?もう一度チェックして下さいね♪

ハイライトで華やかさを演出!

眉の下を触ると骨があると思います。その部分に白や薄いピンクを広めに入れることでハッキリした目元にすることができます。

スポンサードリンク

この時、パールやラメ感の強すぎる物を選ぶとまぶたが目立ち過ぎて余計に重たく見えるので注意です。

ハイライトで華やかさを演出!

締め色!と位置が重要!

締め色!と位置が重要!

目元を引き締める、締め色と入れる位置がポイント!目尻の白目部分に濃いめのブラウンを入れましょう!目頭から目尻まで締め色を入れると横幅が協調されて目が重たい印象になってしまうので注意です。

 彫りが深い目元を作る!

アイホールの目尻1/3の部分に、薄めのブラウンで影を作り、立体的な目元を作ると印象的な目元ができあがります!縦幅が広がるように意識してメイクしましょう!

 隠しラインでパッチリした目に!

締め色!と位置が重要!

これまでのステップで顔に凹凸をつけたので、最後に隠しラインを入れて、さらにパッチリしたデカ目にしていきましょう。目の中央部分、黒目の幅、濃いめのシャドウを細いライン状に入れましょう。

難しい方はペンシルアイライナーでもOKです。黒目の印象が強くなり、大きな目になりますよ!

まとめ

奥二重 アイシャドウ 塗り方

奥二重さんのアイシャドウのポイントはとにかく目をパッチリ大きくみせることです!ハイライトや薄いブラウンのシャドウで顔に凹凸を出すことで奥二重さんが悩みがちな腫れぼったさは解消されます!

奥二重だからメイクが楽しめないと思っていた方も、ポイントをおさえてメイクを楽しんで頂ければ嬉しいです!

>>簡単に可愛い二重にする方法<<

いいね!」を押すと女子の恋愛サイトから最新情報が届きます♪

⇩オススメ記事⇩
ローラのメイクが変わった!?最新のメイクのやり方を紹介
西野カナメイクの4つのポイントとやり方(方法)
菜々緒のメイク方法は濃いのがポイント

スポンサードリンク

恋愛で悩んだ時にはこれで解決!

片想いで辛い思いをしてる人、
そして自分の気持ちを相手に中々伝わらない人、
色んな人が恋愛における悩みを持ってると思います。
そんな方の悩みを解決する事が出来ます。
  • 今片想い中だけど上手くいかない・・・
  • 失恋していい人と出会う事が出来ない
  • 別れた元彼の事を忘れる事が出来ない
あなたもそんな悩みを解決したくないですか?
恋愛で悩んだ時にはこれで解決!

FACEBOOKコメント