2016年40代にオススメのブーティーコーデ特集

2016年40代にオススメのブーティーコーデ特集
この記事の所要時間: 1627

40代の大人な女性になってくると、あまりピンヒールを履くのも疲れてしまうし、若すぎて見えてしまうという理由からブーツを選ぶ機会が多くなってくると思います。

ブーツと言ってもいろいろな種類があって、ムートンブーツやロングブーツなど様々ですが、特に40代女性におすすめなブーティーについて紹介していきます。

この記事で紹介している人気のアイテム
記事の最後で購入する事が出来ます!

スポンサードリンク

ブーティーとは?!

ブーティーとは画像引用元;http://beautyfasshion.net/archives/2179

ブーティーとは、ショートブーツの一種でくるぶしあたりまでの丈のブーツのことを指します。ミニスカートが大流行した2007年頃から流行しだしたと言われていて、そこから秋冬の定番のアイテムとなっています。

歩きやすさと長く歩いても疲れないことから、普段のお出かけだけでなく、長く歩くことの多い買い物やアウトドアに適しているアイテムです。

ブーティーの人気や口コミについて

ブーティーは歩きやすいのか!?

ブーティ

画像引用元;http://beautyfasshion.net/archives/2179

ブーティーは歩きやすく疲れないアイテムとして、若い世代の女性だけでなく30.40代の女性などからも、支持を得ているアイテムです。

ではなぜ歩きやすいのでしょうか。それは、ヒールのあるパンプスと比べて足全体を守ってくれる作りになっているため、安定感があるからです。また、ヒールも太いものが多いのも歩きやすさの秘密です。

ブーティーの履く時期は季節はいつから?!

ブーティ 履く時期画像引用元;http://beautyfasshion.net/archives/2179

ブーティーはほかのブーツとは違い、夏の終わりごろの9月ごろから履くことができるアイテムです。そして春ごろまで履き続けることができるため、一足持っていると長く着回すことができる万能アイテムです。

なのでブーツの中でも一番長く履き続けることができるアイテムなのです。

ブーティーの着こなし術

ブーティー 着こなし画像引用元;http://woman-lifeinfo.com/short-boots/

そんな長く着回すことができるアイテムであるブーティーは、いろいろな着こなしを知っておくことが大切です。実際ブーティーはいろいろなアイテムとの相性も良いアイテムなので、様々なコーデに活かすことができますよ。

そんなブーティーのおしゃれな冬の着こなし方を、合わせるアイテム別に紹介していきます。

ブーティー☓膝丈スカートコーデ

ブーティ画像引用元;https://kaumo.jp/topic/52514

ひざ丈のこのようなスカートと、ブーティーはとても相性が良く女の子らしい可愛いコーデになります。

デザイン性のあるスカートを持ってきたとしても、ブーティーをシンプルなものにするとしっかりコーデをまとめてくれるので、ボトムスで冒険したいときに最適のアイテムですよ。

デニムジャケット☓ブーティーコーデ

ws000015画像引用元;http://wear.jp/adastria_2015_fukuthu/6074146/

デニムジャケットはコーデにカジュアルな要素をプラスしてくれる、今年のトレンドアイテムです。そんなデニムジャケットにブーティーを合わせると、そこに大人っぽさが加えられて大人カジュアルなコーデが完成します。

また、このような女性らしいデニムオンデニムのコーデも、ブーティーが辛みを加えてくれているので、可愛いだけではなく甘辛MIXコーデになっています。

ブーティーにオススメ靴下の丈は!?

靴下画像引用元;http://topicks.jp/72626

ブーティーはそのまま履くのもおしゃれでいいのですが、靴下と合わせて履くとより一層おしゃれ度が増したコーデになりますよ。

ブーティーと靴下を合わせるときは、靴下の丈をブーティーから少し出る程度の長さが、程よいアクセントになっておすすめです。

2016年冬のブーティーコーデ特集

301

画像引用元:http://wear.jp/uuu1210/8309812/

ブーティーをワンポイントに!ニットやスカンツなどゆるいカジュアルな着こなしに、ブーティーをワンアイテム加えるとコーディネートが引き締まります。あえてカジュアルシューズにしないでブーティーをプラスすると辛口になります。

ブーティーは脚長効果があるので背も高く見えます。こんな甘辛コーディネートもたまにはオススメです。

302

画像引用元:http://wear.jp/c5oxou/8420807/

ブラックのワンピースに柄物の羽織もの、ブラックのブーティーのコーディネートです。

ブーツは履きにくいので履かないといったかたや足の太さが気になって似合うブーツがないというかたでもブーティーなら履きやすいし丈も短いのでどなたでも履きこなすことができますよ。

ブラックはどんなコーディネートにも合うのでおすすめです。

303

画像引用元:http://wear.jp/haushinka71/8357383/

冬に一足は持っておきたいのがブーティーです。アンクル丈で、どんなコーデにもぴったりとハマってくれる優秀なシューズです。冬らしいスウェード素材もかわいいですが、エナメル素材ならエレガントさを醸し出してくれます。

カジュアルなライダースに、ガーリーなニットワンピース、同色のボストンバッグにあえてソックスを合わせれば、完璧バランスのきれいめコーデが出来上がります。

ブーティーはVカットになっていて、脚長効果も抜群です。

304

画像引用元:http://wear.jp/miho373/8384139/

冬になるとシックなコーデになりがちですが、明るい色味のロングコートを合わせることで重くならずなおかつブラックのブーティーを目立たせることができ周りとかぶらないおしゃれ上級者のコーデが出来上がります。

デニムなどカジュアルにしたぶん女性らしいファーのついたバックを合わせると全体のバランスがよくなります。

305

画像引用元:http://wear.jp/aasanpo31/8186988/

秋冬といえば、ちょっとおしゃれに、ブーティーを履いてどこかへお出かけしたいですね。

ON、OFFとらわれないブーティーは、おしゃれ女子には、欠かせない鉄板アイテムですね。

スカート、パンツ沢山、アイテムとのコーデができ今どきの大人女子には、もってこいの上品コーデ、カジュアルコーデ、スタイリッシュコーデと貴女のおしゃれの幅が広がりますよ。

306

画像引用元:http://wear.jp/saacixx/8238219/

シンプルなモノトーンコーデになじむブラックブーティーです。

ブーティーのレザーの光沢は腰に無造作に結んだレザーベルトのツヤとリンクしています。また、ブーティーの足首にベルト飾りのデザインが施されているのも何気にエレガンスポイント。

冬のブラックロングワンピースをシンプルかつフェミニンな表情をつけてくれています。カジュアル度を高める着こなしに合うブーティーです。

307

画像引用元:http://wear.jp/ayalilyflower/5804480/

カジュアルにもきれいめにも合わせられる、使いやすさ抜群のブーツは「ブーティー」です。黒を選べば、コーデを選ばず使いやすいですよ。

黒タイツ×黒ブーティーと同系色で合わせることで、脚長効果、スタイルアップも◎。

ブラウンのムートンコートとチェックスカートのカジュアルコーデにも相性ばっちりで、カジュアル過ぎないコーデにぴったりです。

308

画像引用元:http://wear.jp/mss713/8418648/

メンズライクなごつい感じがするブラックブーティー。同じくブラックタイツと合わせて一体感があるように見せることで脚を長く見せてくれます。

足の形に添うようにしわやたるみが出る素材感が、よりこなれ感がアップしてくれます。

ざっくりとしたオフタートルニット×ニットスカートの王道コーデにもぴったり合っています。

309

画像引用元:http://wear.jp/chilleofficial/8404778/

冬コーデに欠かせない一足が、アンクル丈のブーティーです。

ワンピースやスカート、タイトにもフレアにも相性抜群ですが、パンツに合わせてもすっきり綺麗に見せてくれるところが嬉しいアイテムです。

白ニットにスキニーデニムとボーイッシュなアイテムの上に、ガーリーなくすみピンクのアウター、全体がぼんやりとしてしまいそうでも、足元に黒いブーティーを合わせればコーデが一気に締まります。

310

画像引用元:http://wear.jp/lh89/8215781/

おばあちゃん世代に流行していた形のブーティーが今またリバイバルでブームになっています。

上の世代を知らないので新鮮なニューアイテムとして受け入れられています。ブーティーの甲の部分がスリットみたいに開きがあるデザインで甲高さんにも嬉しいデザインです。

ダメージジーンズの穴あき加工とリンクしていて品があるのにカジュアル感たっぷりなスタイルが完成しています。

311

画像引用元:http://wear.jp/haushinka71/4786395/

着回し抜群の、一つは持っておきたいアイテムといえば「ブーティー」です!

上品なグレーのチェックワンピのコーデなど、柄のアイテムにも相性◎。

黒タイツと合わせれば同系色で脚長効果を狙えます。清潔感のあるきれいめなコーデにも、白のソックスを合わせればかっちりしすぎず、少しカジュアルな印象にも出来ておすすめです。

312

画像引用元:http://wear.jp/wear10001/8089937/

革じゃんとのコーデが心憎いレザー素材のブーティーがカッコイイ。

あえて、ニットワンピースという甘めのアイテムト合わせることで、辛口になりすぎないバランスがいい冬コーデに仕上がっています。

秋まではパンプスやバレエシューズを合わせていたワンピースにぴったり。暖かく動やすいブーティの効果で季節感がプラスされて◎

313

画像引用元:http://wear.jp/shishishii/5247273/

冬の足音と言えば、コツコツと少し重厚感のあるブーティーで歩く音。

スポンサードリンク

冬の訪れとともに履きたくなる足元あったかなオシャレ靴です。サイドコアのタイプなら横にゴムが入っているので、履いたり脱いだりが楽ちんです。今流行りのレーススカートとの相性もばっちりです。

ヒールがそんなに高くないものを選べば、お出かけデートでも安定感があるのでガシガシ歩けちゃいます。

314

画像引用元:http://wear.jp/honeysonline/8257879/

デートやオフィス、カジュアルにも合わせやすいアイテムといえば「ブーティー」です!

グレーのニットワンピ×チェックのマフラーのカジュアルなコーデも、ブーティーを合わせれば少しきれいめな印象もあるコーデに見えますね。

黒タイツ×黒のブーティーで脚長効果◎。ヒールが細めのデザインを選べば、カジュアルになり過ぎないです。

315

画像引用元:http://wear.jp/ayalilyflower/5779032/

いつものスタイルに履くだけでトレンド感のある雰囲気にしてくれるブーティー。

シンプルなデザインで、スカートもパンツも問わずにどんなコーディネートにもバランス良く履くことができ、秋冬のデイリー使いに活躍します。

あらゆるシーンにも対応できる黒は一足あると、大変便利です。タイツとブーティの色を合わせることで、脚長効果も◎

316

画像引用元:http://wear.jp/taka98/1998527/

パーティーのなど華やかなイベントにオススメのコーデ。

黒のサロペットとホワイトのシースルーのカットソーを合わせたことで軽やかに♪ 高めのヒールのブーティーと大きめのパールのネックレスが大人の雰囲気を出しています。 花柄のクラッチがコーデに華を添えています。

適度に力の抜け感がオトナ女子の余裕を感じさせてくれます。

317

画像引用元:http://wear.jp/aasanpo31/8433650/

清楚なコーデやきれいめコーデにおすすめなのが「ブーティー」です!シャツ×花柄ワンピースの清楚なコーデとも相性がいいですね。

足首を見せられるので、脚を細く、きれいに見せてくれる効果もあります。

ベーシックな色を選べば、季節問わず、デートコーデやオフィスにも使えるので、一つ持っておくと便利なアイテムですよ。

318

画像引用元:http://wear.jp/spick254x1/8339587/

パステルカラーの水色のニットが女子力をup♪

モヘアのゆるふわニットは胸元がざっくり開いているので、キュートさとセクシーさを併せ持っているアイテムなんです。

スカート、足元のブーティーに黒のアイテムをチョイスすることで、コーディネートを引き締めています。レザーのバッグはピンクっぽい色を持ってきていて、春っぽさも感じさせてくれます。

319

画像引用元:http://wear.jp/19840601r/8396980/

コンサバなマダムだ風コーデの中でも、ひときわコンサバ感が高いのがブーティー。

今オシャレ感度の高い女子の間で話題沸騰のアイテムです。ロングブーツより気軽に履けるし、履き口からのぞく足がほっそりと見えるという嬉しい効果もあります。

美しいフォルムのとんがりトゥブーティーで冬のエレガンスを楽しんではいかがでしょうか。

320

画像引用元:http://wear.jp/anapofficial/8348381/

一つは持っておきたい、着回し抜群のアイテムといえば「ブーティー」です!

カーキのミックスニットワンピのカジュアルコーデにも相性◎。

スニーカーを合わせるよりも、きちんと感やきれいめな印象が出るので、普段スニーカーコーデが多い方にもおすすめです。様々なコーデに合わせやすいので、持ってて損はないアイテムですよ。

321

画像引用元:http://wear.jp/beamchan/8415913/

合わせやすさ抜群のブーツといえば「ブーティー」です!ハイネックのトップス×ワイドパンツの流行りのゆるゆるコーデにも相性◎。

スニーカーよりもきちんと感が出るので、カジュアル過ぎないコーデが出来ます。

このようなやわらかな印象や、ゆるめのカジュアルコーデにも黒のブーティーを合わせれば、コーデも締まって見えますね。

322

画像引用元:http://wear.jp/vence10/8250813/

スカートもパンツもどんなスタイルにも合わせやすく、秋冬コーデのマストアイテムのブーティー。

いつものスタイルにプラスするだけでこなれた印象に♫ベーシックな黒はカジュアルにもクールにもエレガントにも馴染み、幅広いシーンで履くことができ、ロードワーブに活躍してくれます。

アンクル丈が足首を華奢に見せてくれ、美脚効果も◎

325

画像引用元:http://wear.jp/gwumie2/8290859/

キレイめな大人カジュアルなコーデに。デニムジャケットでカジュアルさを出しつつも、光沢のある黒のスカートに、赤のニット、高さのある黒のハットとブーティーが大人っぽさを演出しています。

普段はもちろん、デートにも使えそうなコーデですね。チラ見せしているスポーツソックスがうまく馴染んでいます。クラッチのファーが女のコっぽさを出しています。

323

画像引用元:http://wear.jp/wear10070/8215768/

今までのブーティーは、アンクルブーティーが主流でしたが、今年のブーティーは、いろいろあるんです。

こんな足首以下のロースタイルブーティーや、反対にふくらはぎにかかるぐらいのブーティーが出ています。

ファッションスタイルで使いわけたいですね。トップスには、グレーカラーのケーブスタイルのタートルネックセーターで決まりです。

324

画像引用元:http://wear.jp/abcherry07/8289719/

毎年秋冬のファッションコーディネートにいろいろなスタイルのブーティーが出てきますが、今年は、ウエッジタイプのブーティーは、いかがでしょうか?また素材は、スウェードタイプや、今年注目素材のベロア素材もいいですね。

またブーティーは、パンツ、スカート、ワンピースとどんなスタイルでもマッチするのが嬉しいですね。

人気のアイテムをチェックする!

マガシークこの記事で紹介しているアイテムは「マガシーク」で購入する事が出来ます!マガシークはネットショップの中でも、かなり大型のショップで人気も高いのでかなりオススメです!

サイト独自のタイムセールも日々開催されていますので、かなりお得に気になるアイテムをゲット出来るのではないでしょうか?

マガシークをチェックする!

まとめ

ブーティ画像引用元;http://milanda.net/?cat=58

いかがでしたか?このようにブーティーは合わせるアイテムを一つ変えるだけで、コーデの印象をガラッと変えてくれる重要なアイテムなのです。まだ持っていないという人も一般的なブーツだけではなく、ブーティーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

また新しい自分に出会えるかもしれませんよ。

「いいね!」を押すと女子の恋愛サイトから最新情報が届きます♪

?オススメ記事?

秋冬コーデ2016年秋冬の20代後半の主婦のファッションコーデ特集
20代後半と言えば、おしゃれが楽しくいろいろなコーデに挑戦したい年頃ですよね。

しかし主婦になるとそうもいきません。自分のおし…

冬 ママコーデ2016年冬のママコーデはカジュアルがポイント
暑かった夏も終わり、本格的に寒くなってきましたね。

そんな冬のコーデは可愛いトレンドアイテムを多く取り入れて、人と差が付けら…

スカンツコーデ2016年冬のスカンツコーデ!オススメのアウター特集
スカンツはここ何年かで急に人気が出てきたアイテムで、最近では定番のアイテムと化しています。トップスに何を持ってきても、合わせや…
スポンサードリンク

恋愛で悩んだ時にはこれで解決!

片想いで辛い思いをしてる人、
そして自分の気持ちを相手に中々伝わらない人、
色んな人が恋愛における悩みを持ってると思います。
そんな方の悩みを解決する事が出来ます。
  • 今片想い中だけど上手くいかない・・・
  • 失恋していい人と出会う事が出来ない
  • 別れた元彼の事を忘れる事が出来ない
あなたもそんな悩みを解決したくないですか?
恋愛で悩んだ時にはこれで解決!

FACEBOOKコメント