この記事の所要時間: 955

彼氏がいるけど正直なんか冷めたな・・・って思った経験はありませんか?ない人もいるとは思いますが、中にはそんな人も絶対いると思います。ですが冷めても実際に別れるとなると自分から言い出すのは勇気がいりますし直接言うとなると言い出せない人も中にはいるのではないでしょうか?

そこで今回は、彼氏に別れを切り出す時にLINEで伝える方が良いのか?それとも直接伝えた方が良いのか?という事について記事を書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

別れたい意志の伝え方

まずは自分の気持ちが冷めた場合は、相手に自分の別れたいという気持ちを伝える必要があります。自分の気持ちを相手に伝える事が出来れなければ、中途半端な気持ちで相手と付き合ってしまう事になると思います。

この場合自分も相手の事が本気で好きじゃないので、良くないですし相手にもかなり失礼です。

と言うより相手の時間も自分の時間もかなり無駄にしてしまう事になります。

あい
確かに冷めた状態で相手と付き合っているとお互いに良い事なんてないよね・・・

せな
もし冷めた時は出来るだけ早く教えて欲しいわ!別れを切り出される時はショックを受ける事はあるけど早めに教えて貰わないと本当に時間がもったいない。

直接伝える場合

誠意をもって相手に接する最も最適な伝え方はもちろん直接相手の目を見て自分の言葉で伝えるのが一番だと思います。

やはり直接会って相手に別れを告げるのは多少なりとも心苦しい所は誰しもあるかと思いますが、その場でしっかり二人の関係を終わりに出来るので私はもし彼に振られるとしたら直接振られたいですね。

理由をしっかりと説明する

そして大前提の話しになりますが、別れを切り出す時は、別れたい理由を相手にしっかりと説明する事が重要です。何故かと言いますと、別れたいとだけ言われると男性の方はどんな理由か絶対に知りたいと思います。

ですので理由をしっかりと説明しなければ相手も別れてくれない可能性もあります。

冷めたと言うのがちょっと気まずい場合は、友達のままが良かったなど相手を傷つけない言い方をするのもありだと思います。

せな
理由を言われないだけで別れを切り出されても納得なんて全然できないわ

LINEで伝える場合

やはりそうは言ってもなかなか顔を見たら情と言うのが出てきてしまって直接は伝えにくいという気持ちも分からなくもないです。

ましてやこの時代、LINEで自分の意思を伝える手段として使う人は多いでしょう。

例えば告白、別れ、恋愛に限らず仕事の連絡までもLINEで済ませてしまうという人がいるぐらいですからLINEという手段を使うのは普通になって来ていますね。

一方的な言い方をしない

LINEで別れを伝える時に気を付けるポイントがあります。それは自分の言いたい事や気持ちだけを伝えて一方的な別れ方や言い方をしないという事です。

直接会って別れを切り出す場合は、相手と面と向かって会話する事になりますので、相手の質問などには答えないと話しが進みません。

ですがLINEの場合は直接顔を合わす事が必要ないので、このような事をしてしまう人もいるかもしれません。

あい
さすがにLINEで別れを伝える時でもそんな一方的な事はしないよ。

せな
LINEとかだと言いたい事だけ言われてブロックとかされたらマジで最悪だな。

それは、かなり酷い事だと思いますがさすがにそんな事をする人はかなり少ないと思います。ですが気持ちが冷めてしまったら今までの自分ではないように変わってしまいます。

自分はそんな事しない!って思ってる方でも一応頭の片隅に入れておいて下さい。

直接言う&LINEで伝える場合のメリットとデメリット

それでは、直接言う場合そしてLINEで伝える場合のそれぞれのメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

それぞれのメリットとデメリットを知る事で、あなたが彼氏に別れを切り出す時にどっちの方法で別れを切り出せばよいのか参考になれば幸いです。

直接伝えるメリット

あまりメリットはないように感じるかもしれませんが、直接伝えるメリットはなんといっても自分の誠意が伝わる、別れたい本気度が相手にしっかり伝わるという事ではないでしょうか。

その場できちんと終わりに出来るというのも直接伝える強みですね。

ましてや彼に対して冷めたという気持ちならばなおさら直接会っても心変わりもせず、もし彼に別れたくないと引き留められてもその場できちんと無理だと言えるかと思います。

直接伝えるデメリット

意志が強い人は直接伝えるのも何の抵抗もなく言えるかもしれませんが、意志が弱い人や流されやすい人はなかなか相手の目を見て別れを告げるという行為は、簡単なことではないかと思います。

本当は別れたくても彼に強引に押し切られ、なかなか別れられないでいるという話も聞いたことがあります。

そして直接伝えるという事は彼と二人で目を見て話しするという事ですが、彼の性格が短気な場合、直接伝えるという事はなかなか難しいかもしれません。

ましてや理由が冷めたという事ならば余計に短気な性格の彼ならばプライドが傷つけられ、最悪の場合手を出される可能性だってあります。

そこが直接別れを告げる最大のデメリットかもしれませんね。

LINEで伝えるメリット

やはり顔が見えない分メリットは色々あるかと思います。

LINEで伝えるメリットとして一番はやはり相手の顔を見なくていいので別れを切り出しやすいというところでしょう。

顔を見るとやはり今まで付き合っていたので冷めたとはいっても多少の情は誰しもあると思います。

しかし顔を見ないので多少別れたくないと言われても、あなたがもし流されやすい性格であってもLINEだと強く言えたりするのではないでしょうか。

スポンサードリンク

そしてLINEでも流されてしまいそうになればどうしても別れたい場合、友達に頼んでLINEを送ってもらったり出来るのでこれもLINEのメリットですよね。

さらに、LINEやメールはしっかり残るので「言った、言ってない」ということで揉めることがないですよね。

直接会って別れを告げる場合、後で「そんな話聞いてない」と言われると何も言えないことがあるかと思いますが、LINEで別れを告げた場合しっかりと証拠が残るので「聞いてない」と言われることはなく別れられるでしょう。

LINEで伝えるデメリット

LINEで別れを告げた場合一番のデメリットとしては、「既読無視」されたら話にならない、ということです。

直接別れを告げる場合はその場にいるわけですから、ノーかイエスかの返答はしなければいけません。

しかしLINEでの場合は忙しくて見ていなかった、気付かなかったなど言い訳されてLINEがなかなか返ってこなければ、あなたがいくら別れたくても別れられないという事になってしまいます。

そしてLINEで別れを告げる場合、直接とは違ってやはり誠意が伝わらず相手を傷つけてしまうということを頭に入れておいてくださいね。

わたしもLINEで別れを告げられたことがありますが、「LINEで言うなんて信じられない」と言うのが本心でした。

あなたがもし、好きな人にそういう行動をとられたら、、、という事を考えて行動して下さいね。

伝える際に気を付ける事

それでは自分の気持ちを伝える時に気を付けるポイントについても紹介していきたいと思います。

自分から別れを切り出せたとしても伝え方を間違ってしまうと、うまくサヨナラする事が出来ない可能性があるので、伝え方も十分に気を付ける事が必要です。

直接の場合

直接伝えると決めたからには意志をしっかり持って伝えるようにしましょう。

せっかく別れを決めて話しをしているのにうやむやにされると全く意味のない話し合いとなってしまいますよね。

そして伝える時に長々と別れたい旨を話されると相手はしんどくなってくると思うので直接別れを伝える時は特に簡潔に伝えるようにしましょう。

たとえその理由が「冷めた」という理由であっても、冷めたから別れたいとは決して言ってはいけません。

別れの理由として「冷めた」と言われるのは、結構精神的にこたえると思います。

ましてや男の人はプライドが高い生き物です。

逆上されないようにも相手がなるべく納得できるように冷静にそして真剣に誠意をもって話すようにしましょう。

もし彼が逆上するような短気な性格なのであれば、その場の近くにあなたの友達を連れて行っておいて待っててもらうのがいいかと思います。

その友達もできれば男友達をスタンバイさせておきましょう。それもガタイのいいひとなら最高です。

理由は分かりますよね?

あなたが別れを告げたことで短気な彼が逆上したら、、、そういうニュースもたまに目にするので気を付けて下さいね。

LINEの場合

LINEは直接とは違って当たり前ですが相手がどんな反応をしているのか、表情が全然わかりませんよね?

それなので誤解のないようにきちんと伝えなければいけません。

LINEで別れを告げると決めたのであれば、相手にしっかり別れたい理由を細かく伝えるのがLINEでの誠意だと思います。

そして直接とは違って彼にその文を読んでもらわないといけないので、別れの理由をしっかり伝えないといけませんが、あまりに長々しい文になると彼も読む気が失せると思うのでそこは注意しましょう。

直接伝えるのとは違い、LINEで別れを伝えるのは不誠実という事を頭に入れて最初に「LINEで伝えることになってごめんね。」と謝罪の言葉も忘れないようにしましょう。

もっと配慮が出来る余裕があるならば、何故直接別れを伝えないでLINEで伝えるのかしっかり理由をかくとなお良いのではないかと思います。

そして、「会って話したい」と言われてしまってもそこはかたくなに断るようにしましょう。

あなたが流されやすい性格ならなおさらです。

情は捨てる

やはり好きで今まで付き合っていた相手なのでいくら別れたいと思っても多少の情はあるかと思います。しかし別れようと一度決めたのであれば、伝え方が直接であってもLINEであっても意志は強く持って流されてはいけません。

ここは冷酷になって何を言われても意志を変えないように、少しでも隙を見せないようにしましょう。

別れを切り出した側に優しさはいりません。

相手の事をかわいそうと思っても優しさを出す方が別れを切り出せれる側からすると辛いと思います。やり直す気がないのならば変な無意味な優しさは捨てましょう。

変に期待を持たしてしまったり、後々相手がストーカーもなりかねません。あなたの幸せにももちろんつながりません。

次の恋に進む為にも情を捨ててはっきり伝え、きっぱり別れられるように願っています。

まとめ

どうでしたか?今回は付き合ってる彼氏に冷めた時に別れを切り出す時は直接言うのが良いのか?それともLINEで伝える方が良いのかという事について記事を更新してきました。

別れを切り出す事は、かなり嫌な事ですので気持ちがブルーになってしまうと思いますがお互いの事を考えると冷めた場合は、早く伝える事をオススメします。

スポンサードリンク
おすすめの記事