この記事の所要時間: 843

今回は、男性の心理について記事を書いていきたいと思います。女性の方で年下の男性からアタックされてるという人もいるのではないでしょうか?

そこで、この記事では、年下の男性が本気の女性に取る態度について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

そもそも年上の女性は恋愛対象なのか

年齢差にもよるので一概には言えませんが、最近は特に女性が年上のカップルを見かけます。

その背景には男女平等が今の時代の象徴にもなって来ていて、今では女性の社会的な立場も認められていて女社長も少なくありません。どちらかと言うと女性の方が強いというイメージを持っている方も少なくないかもしれません。

こういう時代の流れから女性が年上の方が頼れる、甘えれると女性を頼りにする男性が増えて来ているので年上女性も恋愛対象という人が多いように思います。

せな
確かに最近は女性の方が年上のカップルや夫婦をよく見かける気がするな!

年上女性を好きになる心理

それでは、年下の男性が年上の女性を好きになる心理は一体どのようになってると思いますか?

年下の男性は年上の女性に対して憧れ?それとも尊敬どんな気持ちがあると思いますか?

引っ張っていってほしい

自分はなかなか頼りがいがないので男勝りな女性に引っ張っていってほしい、リードして欲しいと思うような男性の場合です。

こういう人は基本亭主関白とは程遠く結構頼りになる年上女性のいうことを結構何でも聞いてくれます。

亭主関白は人気がない

ちょっと前は頼りがいのあるちょっと強引な男性が人気でしたが最近では亭主関白とは逆な男性が人気があるような傾向があります。

そして、このような男性は、ちょっと頼りがいのある年上の女性を好む傾向があります。

あい
私も亭主関白な男性よりも優しい男性の方がタイプかも

せな
やっぱり最近はそんな傾向が強いんだな!

甘えたい

同世代や年下の女性にはなかなか弱い所を見せられないけど、年上女性というだけで安心して甘えてしまう男性の場合です。こういう男性は普段仕事などで気を張っていて結構周りにも頼られている男性に多い気がします。

誰しも人間ですから疲れがたまっている時は余計に癒されたい、甘えたいと思う時はありますよね。

そんな時に弱みを見せれるのが年上女性という事です。

お互い尊敬し合いたい

いくら女性の方が精神年齢が男性より上といっても、年下女性や同世代の女性ではなかなかたよりにならず、しっかりしていないなぁと感じる男性の場合です。

色んな男性のパターンがありますから、支えてあげたいというより一緒に支え合いたい、お互いに何事も高め合っていきたいと思う男性もいます。

意識が高い系の人の考えですね。

脈ありのサイン

それでは、そんな年下男性がどのような行動を取った時に脈ありと思って良いと思いますか?

やはり年下男性は、年上の男性とかとは少し気持ちの伝え方や行動が少し変わってきますのでこの辺をしっかりと理解する事で相手の気持ちを理解して上手な付き合い方をする事が出来ます。

頼ってもらおうとする

自分が年下という事を男性は結構気にします。それなので年下でもこんなに頼りがいがあるんだ、というところをアピールしてくるでしょう。

その方法としては「俺に頼って」と言葉にしてくる人もいますし、自分が仕事やプライベートで生き生きしてるところをやたらアピールしてきて頼りになるというところを見せつけてきます。

「俺に頼って」や「俺に甘えていいよ」など言われたらあなたのことを女として意識していてアピールしているというふうにとらえて良いでしょう。

ため口を使ってくる

これはあなたのことを馬鹿にしているとかではなく、年上のあなたと少しでも平等の立場に立ちたいという少し器の小さい男性の場合です。

こういう男性は年上のあなたとどう距離を縮めたらいいのかなかなか分からなくて、一番簡単な手段のため口を使うという行動に出たのでしょう。

こういう男性はため口を使ったということで距離が縮まったと勝手に思い込み、じきにあなたをからかってきたりするかもしれません。

ただあなたと近づきたいだけなので気を悪くせず見逃してあげて下さい。

あい
ため口で対等だ!っていう事を伝えようとしてる所が年下っぽいよね笑

甘えてくる

男性の中には女性に弱いところを見せられない、見せたくないと思う人もいれば好きな女性だからこそ見せられるという人もいます。あなたが年上の女性ならなおさら頼りたい、甘えたいと思う男性は弱みを見せてくるのではないでしょうか。

仕事でうまくいかなかった、プライベートで悩んでいることがあるなど年上のあなただからこそ打ち明けて甘えたいのかもしれません。

子供扱いを嫌がる

どうでもいい年上の女性に子供扱いや年下だからというような態度を取られてもとくに気にならないと思います。しかし自分の好きな年上女性に少しでも自分のことを子供扱いや年下だからというふうに言われたりされると露骨に嫌がるでしょう。

スポンサードリンク

なぜならば、やはり男性はプライドが高い人が多いので一番気にしているであろう、年齢のことをあなたは特に気にせず発した一言でも年下の男性からすると結構傷つく一言になっているかもしれません。

これでかなり怒り出したり露骨に拗ねたりするようなら、あなたをかなり意識しているので子供扱いされたくないのでしょう。

注意して欲しい事

それでは、年下男性と接する中で気を付ける事や注意する事があります。

この部分をしっかりと理解してあげる事で年下男性もあなたに対して良い印象を持つ可能性が高いです。

女性としては見ていないかもしれない

あなたのことを女性として意識して頼っているのではなく、年上の女性だから、頼りになるからという理由でただ頼ってきている場合もあります。

なかなか自分の意見を言えない男性が増えて来ているので頼りになるあなたをただ上司としてだったり相談相手として頼っていて、恋愛としては全く意識していない可能性もあるので早とちりせず会話や行動でしっかり見極めて下さいね。

アピールがなかなかできない人もいる

あの人私の事好きなのかな、何故かよく見られている気がする、、、など思っていてもなかなかアピールはしてこない男性もまれにいます。

というか最近は草食系の男性が増えて来ているので年上の女性を好きになっても自分から行動を起こしたり出来ていないかもしれません。

草食系の男性は普通でも女性にアピールどころか話しかけたり誘ったりするのも苦手なのに、相手が年上の女性だとしたらハードルが高すぎて視線を送ることで精一杯かもしれません。

それなのであなたはなかなか相手の気持ちに気づかないかもしれません。

あなたがしてはいけない事

そしてあなたがしてはいけない事も軽く理解しておく必要があります。

年下男性は魅力もたくさんありますが気を付ける部分もあるのでその辺は、しっかりと理解してあげて下さい。

相手に合わそうとしない

あなたがいくら年上で少し引け目に思っていたとしても精神年齢や考え方を相手に合わせようとしてはいけません。

年下の彼はあなたのそのままを好きになったと思うので、そこで相手に合わせようと少し子供っぽく振舞ったり、できないアピールなどしてしまうと本来頼りがいや仕事が出来るあなたを好きになったのにそこが変わってしまうと、相手が引いてしまってあなたを好きな気持ちが一気に冷めてしまうかもしれません。

とても難しい所ですが特に相手に合わせようとせず、普段道理にふるまうようにしてください。

偉そうにしない

いくらあなたが年上だからといって本来は男性が主導権を握りたいと多少は思っているはずですので、何でもかんでもあなたが年上だからといって気張らず、偉そうな態度はとらないようにしましょう。

一気に冷められてしまう原因となります。

自分の年齢を意識しすぎない

女性はやはり自分が年上という事を少し引け目に思ってしまう方も少なくないかと思います。それがゆえに、自分が年上な事を自虐してみたり年下の女性に対して嫌味な事を言ったりするのは絶対にやめましょう。

相手の彼は年上のあなたのこと好きになったのでそこは意識せず普通にしてくださいね。

相手の年齢を意識しすぎない

相手が年下という事はどう頑張ったって変えることは出来ない事実なので、相手に対して年下だからというふうな態度を取ったり、子供扱いしたりするのはやめましょう。

男性も自分が年下という事を多少なりとも気にしていると思います。それなのでそこであなたが少しでも子ども扱いをしたり年下だからという発言をしてしまうと彼のプライドを傷つけてしまう可能性があります。

プライドを傷つけられてしまうとあなたに対する気持ちもどんどん冷めてきてしまうでしょう。これは一番してはいけない行動といってもいいでしょう。

まとめ

年上のあなたにとって年下の彼の気持ちはなかなか分からないとかもしれません。

しかし上記のような脈ありなサインを見逃さず、そして決して自分が年上という事を引け目に思わず堂々と振舞ってくださいね。

年下男性は同世代や年上の男性と比べると少し頼りないような物足りなく感じてしまうかもしれませんが、それ以上に年下男性には

癒される、可愛らしい、ちょっとのことで男らしく見える、偉そうな態度を取らない、などいいところがたくさんあります。

あなたもしっかり相手を見極めて素敵な年下男性をゲットできるように祈っています。そして当サイトでは恋愛に関する記事を日々アップしていますので良かったら下記の記事も是非ご覧下さい。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサードリンク
おすすめの記事